転職のトレンドと大病院への就職

看護師は転職がしやすいという状況があり、そのサポートをする事業も盛んに行われています。その魅力に駆られてより良い職場環境を探そうと転職をするトレンドがありますが、それが必ずしも良い判断ではないことは留意する必要があるでしょう。より良い環境で働くことを重視する場合には賢明な転職となる可能性が高いものの、収入を増やすことだけを考えて転職すると、数年後には収入が本来よりも少なくなってしまうことがあるからです。

特に第二新卒として転職することが多くなっていますが、新卒で選んだ職場で働き続けた方が数年後には給料が高くなる計算になることもよくあります。これは勤続年数によって給料が高くなっていくからであり、生涯賃金にして考えると大きな開きができてしまうことも稀ではありません。すぐにでも給料を少し高くしたいのであれば転職するのも良い判断ですが、十年後や一生の間に得られる給料という見方をすると、必ずしも賢い選択ではなくなる可能性があると留意しておきましょう。

予め生涯賃金を高くしたいと考えたら新卒で就職する先をよく考えることも重要であり、初めから大病院を選んでその後転職はしないと決意することが基本です。大病院では基本給が高いことが多いため、勤続年数が増えることによる給料の増え方も良くなります。着実にキャリアアップもしやすい環境であることから、昇進も目指していくことによって生涯賃金を大きく引き上げることができるのも大病院の魅力であり、新卒ではまず目を向けておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です